メニュー

お子様のアレルギーの悩みを聞かせてください

アレルギー診療はこれまでどんな症状がどんな経緯で出たのか、その際にどのような治療を受けたのか、など詳細にお話を聞くことが重要です。

初診時はお子さま1人につき20分くらいかけて、ゆっくりお話を聞きます。

気管支喘息

当院では喘息診断の補助として、電子スパイロメーターや一酸化窒素ガス分析装置を用いて、より正確な気道評価に役立てています。

喘息の治療にはステロイド吸入薬を正しく吸入することが重要になります。お子さんの発達段階やライフスタイルに合わせて、剤型の選択や吸入器の選択を行っています。

アトピー性皮膚炎

治療には薬物療法・スキンケア・悪化要因の対策が重要です。湿疹の程度に応じた適切なランクのステロイド軟膏を適量しっかりと使用することで、早期に症状を寛解させることを目指します。また、その寛解している状態を維持するために、徐々にステロイド軟膏の使用量を減らしていくプロアクティブ療法を指導します。ステロイド軟膏の使用について疑問や心配なことがあれば、いつでもご相談ください。

食物アレルギー

当院では主に食事指導を行います。
卵・牛乳・小麦など食品別のタンパク質量を記した表を使用して、例えば「このくらいタンパク質量の加工品を体調の良い時に数回~十数回食べられたら、次はこうしましょう。」とご家族にお伝えし、次回の外来までにご自宅で食べてきてもらいます。外来に通院してもらいながら、安全に食べられる量を少しずつ増やしていけるよう指導を行っています。場合により食物負荷試験を行います。食物負荷試験とは、具体的にどのくらいの量を摂取できるのかの把握を院内ですることです。アレルギー反応が出現しない量を指導し、家で摂取してもらいます。 

花粉症

スギやヒノキ、ブタクサ、シラカンバなどアレルギーを起こす原因の花粉が飛ぶ季節に鼻水やくしゃみ、鼻づまり、目のかゆみなどの症状が出る場合に花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)と診断されます。アレルギーを引き起こす原因物質がダニやハウスダストなどの場合は通年性アレルギー性鼻炎といいます。

最近では約4人に1人は花粉症と言われており、子どもの花粉症も増えてきています。
花粉症の治療法には対処療法である薬物療法と舌下免疫療法があります。

初診時の診察の流れ

Step1問診票の記載

アレルギー用の問診票の記載をお願い致します。

Step2医師の診察

問診票を確認しながら医師が診察を行い、必要な治療や家庭での対処法について説明します。

Step3エデュケーターの指導

スキンケア指導や吸入指導等を行います。

お知らせ

現在、お知らせはありません。

小児アレルギーエデュケーターについて

当院ではお一人お一人、丁寧に寄り添います。

日本小児臨床アレルギー学会が認定する資格で、アレルギー疾患をもつ患者さんを専門に指導させていただく医療従事者です。

当院には小児アレルギーエデュケーターの資格を持つ看護師が在籍しており、医師の診断・説明の後によりわかりやすく病気の説明をしたり、スキンケアの方法、喘息治療に重要な正しい吸入の仕方、食物アレルギーでの日々の食事へのアドバイスやアナフィラキシー時の筋肉注射の方法の使用法などを指導しています。院外では一般市民向けのスキンケア講習や、保育園・小中学校の先生に対してのアレルギー講習を行っています。

エデュケーターのサポート内容

気管支喘息

喘息の病態を子どもにもわかるように説明し、なぜ吸入が必要なのか理解をしてもらってから、吸入指導を行います。また、再診察時には吸入手技を確認し、毎日の吸入のがんばりを認めて、治療が継続できるように関わります。

喘息は治療の成果が見た目にはわからないので、最近の症状を確認して、予測される気管支の状態を子どもにフィードバックしています。受診のたびに治療へのモチベーションが維持できるように声をかけることを心がけています。

アトピー性皮膚炎

初診時はスキンケア指導を行います。体の洗い方、どこにどの軟膏をどのくらい塗るのかをお子さんの状態に合わせて説明します。また、湿疹の悪化要因の対策についても指導します。再診時には皮膚状態を確認し、自宅でのスキンケアで困っていることの相談に乗ることもあります。

食物アレルギー

日々の食事を用意するご家族の負担が増えないように、ご家庭で実施しやすい除去食対応の方法についてアドバイスします。また、症状が出てしまった時の対応や筋肉注射の方法について指導します。

花粉症

舌下免疫療法はもともと症状が出るアレルゲンをからだに入れて、徐々に慣らしていく治療です。最初は口の中の痒みやピリピリする感じがする、耳の奥が痒いなどの症状を訴えるお子さんもいます。からだが慣れるまでは抗アレルギー薬を上手に使用しながら、症状を我慢せずに治療を継続できるようにサポートを行います。

当院について

当院では日本アレルギー学会認定専門医である院長が気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、花粉症などの各種アレルギーの診断・治療や日常生活で気をつけることへのアドバイスを行っています。

当院は指先から採取した極少量の血液で、約30分で41項目のアレルギ一検査ができる最新のアレルギー検査機器を導入しており、多くの患者さんの治療に役立てています。

また、アレルギー専門の看護師(小児アレルギーエデュケーター)が在籍しており、パンフレットや模型などを用いてお子さんにも疾患や治療の理解がしやすいように説明をしています。また、発達段階や家庭環境に合わせて、ご家庭で実施しやすい治療法を提案させてもらいます。

「自分がアレルギー体質だから、こどものアレルギーが心配。」「離乳食で食物アレルギーが発症しないか心配。」など、どんな心配事でもお気軽にご相談いただければと思います。

お気軽にご相談・お問い合わせください

TEL 044-411-3108

受付時間
(月~金)00:00~00:00
(土日祝)00:00~00:00

WEBで予約する

 

診察受付時間・担当医表

一般外来・乳幼児健診・予防接種

 
9:0012:00

良沢

宮沢 宮沢 宮沢
矢竹※
× 宮沢
大杉※
1週宮沢
2週石川
3週宮沢
4週石川
5週宮沢
14:0014:30 乳児健診/要予約 ×

予防接種
/要予約

14:00  15:00
14:3015:30 予防接種/要予約 ×
15:3018:00 良沢 宮沢 宮沢 宮沢 × 宮沢
大杉※

15:0017:00
宮沢
15:0017:00

第1・第3木曜日の午前の診察は、矢竹暖子先生が担当となります。
第1・第3土曜日の診察は、大杉康司先生が担当になります。

アレルギー外来

 
10:0012:00

宮沢

× × × × × ×
12:00~12:50 

宮沢

宮沢 宮沢 宮沢 × 宮沢 ×
15:3018:00 宮沢 × × × × × ×

※診察受付時間、担当医の変更もある場合があります。ご不明な点はクリニックまでお問合せください。
※アレルギー外来は、月曜日10:00~17:00、火・水・木・土の12:00~12:15の時間帯となります。
※土曜日および日曜日の午後の診察は、17:00までとなります。
※予約された方は、必ず診療時間内にご来院ください。診察時間に大幅に遅れた場合は、診察が出来ないこともあります。

院長の紹介

「自分のこどもだったら」と思って接しています。

宮沢啓貴(みやざわひろたか)

わかばこどもクリニック院長

以前より当院に勤務していましたが、地域の保護者の方やこどもたちのために、より一層貢献したいと思い、2020年3月に全面的に改装し、従来使用していたクリニック名の「子供」という表記を「こども」に変更し、継承、独立致しました。日曜日の午前に加えて午後の予防接種、診察も開始しました。

地域にお住まいのご家族にとって、家庭に近い医者、「こんなこと聞いていいのかしら?」と思われるようなことを相談できる身近なクリニックでありたいと思っています。親の目線を忘れず、どのお子様にも「自分のこどもだったら」と思って接しています。

私の強みは薬とアレルギーです。私は薬剤師から医師になったため、薬に関する情報を上手にお伝えできます。副作用の知識が多いことも強みです。アレルギー専門医としての専門性を活かし、食物アレルギーの治療や、アレルギー食品の摂取の仕方など、具体的にアドバイスをしたいと思います。また、スギとダニのアレルギーに対する舌下免疫療法も始めました。診察室とは別に負荷試験を行う部屋も設置してあります。気管支喘息は、早期発見・早期介入により、お薬でコントロールしていきます。アレルギーに関する資格を持った看護師(エデュケーター)による、吸入器具の指導や、住宅環境のアドバイスも行っています。

続きを見る

薬剤師から医師になる人はいますが、小児科を選ぶ人はほとんどいませんでした。経緯を書かせていただきます。

小児科に興味を持ったのは、私が親戚と叔父を若くして亡くした祖母や母の辛さを身に染みて感じていたからです。薬の力で病気を治したいと思い、薬の開発に興味を持って、北海道大学の薬学部に進学しました。しかし、新薬の開発に20年近くかかる時代であり、歯がゆさがあり、今現在の患者さんと向き合いたいと思うようになりました。

卒業後すぐに医学部に行くことも考えましたが、当時はバブル崩壊後の不況や家庭の事情もあり、まずは社会に出て薬剤師として社会に貢献し、貯金しつつ、もう一度大学に行こうと考えました。

薬剤師になって最初は、小児アレルギーセンターという小児医療と近い環境で働きましたが、不採算部門で閉鎖になり、実験機器に囲まれる研究施設に異動になりました。

自分のやりたい事とは離れていましたが、研究も社会貢献の一つであり、自分が考える目標金額もあり、約10年勤務しました。

子育てしつつ、医療を眺めていました。少子化の問題や小児医療がひっ迫している社会を見ながら、やはり、小児科の医師になりたいと思いになりました。妻も承知してくれました。

妻の兄は医学部に通っていましたが、阪神淡路大震災で亡くなりました。地域医療に貢献したいという強い意志を持った人物だったそうです。今生きているのだから、やるだけの事は全力でやることが、御供養であると常々考えています。

クールな世の中だからこそ、熱い(暑苦しくない範囲で?)人間がいてもよいのかなと思っています。

縁があり、33歳で学士編入学した島根大学医学部で4年間学び、横須賀共済病院初期研修医、横浜市立大学小児科医局を経て、現在に至ります。

わかばこどもクリニックでしたい事は、「家族に寄り添う医療」です。

患者さんを丁寧に診察し、「早期発見」、「早期治療」につなげるのが第一。行政とも連携し、家族の悩みの相談所としても機能させたい。

昨今、不登校になるこどもも増えているため、こどもの相談にものれるようなクリニックにもしていきたいです。難しい世の中なのか、私達のこころが世の中を難しくしているのか。

最近は保護者としてお父様が付き添って来院されることも多いです。自分が子育てをしていた時代とは変わって来たように感じ、同じ父親として話をすることができてうれしいです。お父さんお母さんと一緒にこどもをサポートしたいと考えています。

私の中で“医師”というのは一つの手段にすぎません。医師として、薬剤師として、近所のおじさんとして、ご家族と関わりたいと思っています。家族みんなで子育てをするための一つの手段として、当院を利用いただければ幸いです。

わかばこどもクリニック
院長 宮沢啓貴

院内紹介

2020年3月に、「こども目線で待ち時間を楽しみに」というコンセプトをもとに、リニューアルしました。40坪のうち、バックヤード以外の30坪を改装、壁紙はグリーンで当院の名称である“わかば”をイメージしています。改装に合わせて、クリニックの「子供」という表記を「こども」に変更しました。

来院される方の反応は良く、アンケート結果も高評価でした。当院で働く職員も楽しめるようなクリニックを目指しています。

待合室

診察室

授乳室

続きを見る

待合室

大型の水槽

診察の待ち時間にこどもが楽しく遊べることを目指して設計しました。

海水魚を飼育しています。お魚を見て気分転換される親子もいます。今後、熱帯魚水槽も設置していこうと思います。

世界の絵本

せかいのえほん

ワールドライブラリーというサービスを利用しているため、毎月1冊、イギリス、フランス、ドイツなどから世界の珍しい絵本が送られてきます。私も絵本に興味があり、保育士の妻と意見交換しながら、多くの絵本が待合室に置いてあります。今後ブログで情報提供いたします。

プレイルーム

ボーネルンド製の知育おもちゃなどを設置していましたが、現在新型コロナウイルス感染症の流行により、撤去しています。

田園風景のジオラマがあり、ボタンを押すと鉄道が走り音がでます。耳を澄ますと牛の鳴き声も聞こえますよ。
今後、世界の珍しいおもちゃを置く予定です。

診察室

 

診察室は2部屋あり、一般外来とアレルギー外来を2診で行っています。

隔離室

水痘などの感染症や発熱のお子様の対応をする隔離室が2つあります。隔離室には直接外から入れる別の入り口があり、他のお子様との接触を避けることができます。

その他の部屋

処置室、待機室、授乳室があります。

処置室

採血、浣腸、吸入、鼻汁吸引の処置や乳児検診の測定などを行います。

待機室

舌下免疫療法やアレルギー負荷試験の際に、副反応の有無を観察するために使用します。アレルギーエデュケーターによる指導も行います。待機いただくため、テレビや絵本が見られるようにしています。

授乳室

授乳用の椅子、おむつ交換代、調乳台、ウォーターサーバー(冷・温・調乳用)があります。お母様が落ち着いて

ゆっくり話せる雰囲気にしました。ここでは、NICU(新生児病棟)勤務歴の長い経験豊富な看護師による相談やアレルギーのエデュケーター看護師との面談も実施しています。

交通案内

わかばこどもクリニック

211-0024
神奈川県川崎市中原区西加瀬17-8

東急東横線 元住吉駅から徒歩12分

TEL 044-411-3108

お気軽にご相談・お問い合わせください

TEL 044-411-3108

受付時間
(月~金)00:00~00:00
(土日祝)00:00~00:00

WEBで予約する

 
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME